生酵素ドリンクの作り方|簡単に作れるオススメのメニュー

生酵素ドリンクの作り方|簡単に作れるオススメのメニュー

生酵素ドリンクは体に良いことで有名です。美容にも良くてダイエットにもなるので、女性を中心に生活に取り入れている人も多いですよね。

生酵素と酵素の違いは、簡単にいうと「素材が生であるかどうか」なので、作る工程が少々違います。

酵素は加熱をすると壊れてしまうので生の方が体により良いと言われていますが、それでも少々の加熱なら酵素は残っていますよ。

酵素と生酵素の違いはこちら>>

生が向いている野菜、加熱をした方がいい野菜などもありますから、おすすめの野菜や果物ごとに酵素ドリンクのレシピメニューを見ていきましょう。

酵素ダイエットも継続することが成功のカギなので、いくつかお気に入りメニューがあると続けやすいですよ。

1種類だけだと飽きてもくるので、ダイエット成功のために美味しいレシピを知っておきましょう。

もちろん自分の好みで材料を調整してもOKなので、試しながらアレンジしていってください。

ほうれん草を使った酵素ドリンクメニュー

ほうれん草を使った酵素ドリンクメニューほうれん草は栄養価が高いことでも知られている野菜です。

ベータカロテン、ルテイン、ビタミンC、ビタミンE、葉酸、鉄分などが豊富で、クセが少ないので酵素ドリンクにもピッタリです。

ただしほうれん草を生で使って生酵素にすると苦みやアクを感じることもあるので、苦手であればサッと火を通すのがおすすめです。

茹ですぎると栄養素が壊れてしまうので、苦手な人は沸騰しているお湯にサッとくぐらす程度に加熱して下処理しておきましょう。

また、ほうれん草の中でも「サラダほうれん草」として販売されているものは苦みが少ないので、生酵素ドリンクにも使いやすくておすすめです。

サラダほうれん草ならよりクセが少ないですし、生食用に作られたものなので食べやすいですよ。

手軽に手に入れることができてクセは少なめ、でも栄養価が高いので、ほうれん草は酵素ドリンクにおすすめですから積極的に使っていきましょう。

ほうれん草とバナナのグリーン酵素ドリンク

材料(1人分)
牛乳 100cc
バナナ半分
ほうれん草 50g

バナナとほうれん草を小さく切り、ミキサーの中に入れます。そして牛乳も加えてミキサーで1、2分混ぜて出来上がります。

とろみが気になる人はミキサーの中に氷を2、3粒入れて混ぜてもOKですよ。氷を入れるととろみが少なくなるので、お好みで調整してください。

甘みが強い方が好きならバナナを多め、ほうれん草をたくさん摂りたいならほうれん草を多めに入れても大丈夫です。

材料費も安いので、基本の生酵素ドリンクとしておすすめです。他の果物との相性がいいので、リンゴや桃などを混ぜても美味しいですよ。

ほうれん草とトマトと生姜の酵素ドリンク

材料(1人分)
ミニトマト 3個
ほうれん草 50g
生姜 ひとかけ
バナナ 半分
牛乳 50g

ミニトマトのヘタを取り、適当に小さくしたほうれん草、バナナ、ひとかけの生姜と一緒にミキサーへ入れます。

牛乳を入れてミキサーで1、2分混ぜ、しっかり混ざったら完成です。牛乳を豆乳に変えるとまろやかになるし、イソフラボンも摂れて女性の体に嬉しいですね。

生姜がアクセントになっているので、いつもの酵素ドリンクに飽きてきた人におすすめです。

オリーブオイルをスプーン1杯入れても味に深みがでるので、便秘ぎみの人であれば入れてみるのもおすすめです。

セロリを使ったドリンクメニュー

セロリを使ったドリンクメニューセロリは独特の風味がしますが、女性に人気がある野菜です。

ビタミンA、ビタミンC、カルシウム、鉄分、マグネシウムなどが豊富で、食物繊維も多いので腸を整える効果もあるといわれています。

コレステロールを下げる効果、美肌の効果も高いので、万能薬といわれていたこともあり、美容や健康にピッタリの野菜ですね。

セロリは茎にも栄養がたくさんありますが、実は葉の方が栄養が多いです。葉の方が抗酸化作用のあるカロチンが多く含まれているので、葉も捨てずに食べましょう。

茎が肉厚で葉にハリがあり、色が鮮やかであれば新鮮な証拠なので、そういったセロリを使っていきましょう。

セロリはクセがあるので、苦手な人はヨーグルトや甘めの果物と一緒にするといいですよ。

セロリとヨーグルトの酵素ドリンク

材料(1人分)
セロリ 50g
ヨーグルト 50g
牛乳 200cc
バナナ 半分
氷5個

セロリとバナナを小さく切り、ミキサーに入れていきます。そこにヨーグルトと牛乳、氷を入れてミキサーで1、2分まぜ、全体が混ざったら出来上がりです。

氷の数はお好みで調整して大丈夫ですが、ヨーグルトが入っているので全体がもったりしますから、何個かは入れた方が飲みやすいですね。

ヨーグルトを入れることでセロリのクセを感じにくいので、セロリが苦手な人にもおすすめです。

ヨーグルトは砂糖が入っている方が飲みやすいですが、入っていないものだとサッパリするので、好みで選んでください。

セロリとアボガドの酵素ドリンク

材料(1人分)
セロリ50g
アボガド 半分
小松菜 50g
牛乳 200cc

セロリとアボガド、小松菜を適度な大きさに切り、ミキサーに入れていきます。そこに牛乳を入れ、あとはミキサーで1、2分混ぜて出来上がりです。

この生酵素ドリンクは青っぽい味が強いので、グリーンスムージーなどが好きな人におすすめです。

他の葉野菜などを入れてもよく合うので、冷蔵庫にある余った野菜を混ぜてもOKですよ。余っている野菜ジュースやトマトジュースと合わせても美味しく飲めます。

リンゴを使ったドリンクメニュー

リンゴを使ったドリンクメニューリンゴは水分が多く甘みがあるので、ドリンクにも使いやすいです。有機酸やカリウムを多く含むので、美容やダイエットにも向いている果物です。

しかも価格が安いので毎日飲む酵素ドリンクにもピッタリですね。リンゴを食べるときは皮をむいてしまう人もいますが、できれば皮は捨てずに一緒に摂るようにしましょう。

リンゴの皮にはポリフェノールやペクチンが多く含まれているので捨てるのはもったいないです。

皮を捨てても整腸効果や乳酸を減らす効果がありますが、ポリフェノールは活性酵素を抑える効果などもあるので、美肌効果もありますから皮のまま切って酵素ドリンクにしていきましょう。

ダイエットをしていると栄養が偏りがちになるので、そういった所から積極的に栄養を摂っていきたいですね。

リンゴと大根おろしの酵素ドリンク

材料(1人分)
リンゴ 半分
大根おろし 適量
リンゴシューズ 1本

リンゴと大根を、おろし金ですります。そこにリンゴジュースを加えて完成です。

この酵素ドリンクはミキサーなどがなくてもできるので、ミキサーが自宅にない人にもおすすめですよ。もちろんリンゴと大根を小さく切ってミキサーに入れて作ってもOKです。

リンゴジュースではなくても好きなジュースを代わりに使ってもいいですし、炭酸水などでも美味しいです。手軽に作れるので朝忙しい人にもおすすめですね。

大根おろしを作ったときの水分にも栄養がたっぷりなので、でてきた水分も使うようにしてください。

リンゴとリンゴ酢の酵素ドリンク

材料(1人分)
リンゴ 半分
リンゴ酢 大さじ1
レモン汁 小さじ1
炭酸水 200cc

リンゴを金おろしですります。そこに残りの材料であるリンゴ酢とレモン汁、炭酸水を加えたら完成です。

レモン汁と酢が入っているのでさっぱりしていますから、食欲がない朝の置き換えダイエットにもピッタリですね。

炭酸水なので満腹感もありますし、酢は体に良いのでおすすめです。

炭酸水が苦手な人は、炭酸水の代わりに水で作っても大丈夫ですから、自分好みにアレンジしていきましょう。

生酵素サプリ ランキング

関連記事

酵素を多く含んでいる食品は?

酵素を多く含んでいる食品は?

生酵素が便秘に効くと言われている理由とは?

生酵素が便秘に効くと言われている理由とは?

「酵素」と「生酵素」の違いとは?

「酵素」と「生酵素」の違いとは?

酵素ドリンクと酵素サプリの違いとは?メリットとデメリットを詳しく解説

酵素ドリンクと酵素サプリの違いとは?メリットとデメリットを詳しく解説

生酵素の過剰摂取によって考えられる危険性

生酵素の過剰摂取によって考えられる危険性