生酵素の過剰摂取によって考えられる危険性

生酵素の過剰摂取によって考えられる危険性

ダイエットや健康面から色々なメディアで話題になっている『生酵素』。既に試してみているという方も多いのではないでしょうか。

芸能人の方でも愛用されている人が多く、画像付きで「こんなに痩せた!」という記事も多く見かけるため非常に興味を惹かれますよね。

今までも似たようなものは多くありましたが、ここまで多くの人が注目するほど高い効果を得ている人が多いものはありませんでした。

ですが生酵素って何なのかいまいちわかりづらかったり、飲む量によって効果に差が出てくるのかなどわからないことも多いと思います。生酵素を飲んだことでお腹をくだしてしまったり副作用が出てしまったという口コミも時々見られます。

ということで今回は、生酵素を安心して飲むために正しい生酵素の摂取の仕方や飲み過ぎによる生酵素の危険性についてまとめてみたいと思います。

生酵素の飲み過ぎは危険?副作用はある?

生酵素の飲み過ぎは危険?副作用はある?酵素は私達が普段食べる食べ物にも含まれていたり、誰の体内にも既に多くの酵素があります。この酵素が食べたものを消化してくれたり体内に取り入れてくれたりしています。

他にも体温や血圧などを調整する力を持っていたりもします。

この酵素は体内で作られる数には限りがあるので、サプリなどで補ってあげると更に高い効果を得ることができ、食物から得られる良質の栄養素を体の中に送ることができるようになります。そしてそれによって痩せやすい体作りができるというものです。

それならたくさんの酵素を体の中に取り入れればもっと効果がありそうと思われるかもしれませんが、酵素自体に脂肪を燃焼させるような効果はなく、あくまで痩せやすい体を作るためのものだということが重要です。

ですので、過剰に摂取することは体内のバランスを崩してしまいやすくなります。

酵素は体にとって必要なものではありますが、過剰に摂取してしまうと良からぬ副作用が出てしまう可能性があります。

一般的によくみられる副作用は下記のようなものがあります。

下痢や吐き気

生酵素の副作用として多くあげられているが下痢や吐き気です。特に過剰摂取によっておこる副作用です。

生酵素は便秘などにも効果が高くなっており、摂取量によっては効果が高すぎてお腹をくだしてしまう可能性があります。その影響で吐き気も同時に起こる場合もあります。

酵素は健康にいい食品の一つですが、体質があわない可能性も考えて最初は少しずつ摂取するようにしましょう。

生酵素を取り入れることで下痢気味になるという方はこちらの記事をご覧ください。

生酵素サプリと下痢の関係性>>

発疹やかゆみ

量に関わらず体が酵素の摂取を拒んでいるサインです。酵素は食品の1つですので、アレルギーの心配も十分考慮しなければなりません。

アレルギー持ちの方は、含まれる成分をよく読んでから摂取するようにして、心配ならかかりつけの医師に相談してみると良いです。

体に害になるものではありませんが、心配な時はパッチテストをしてから使用することをおすすめします。

生酵素の摂取によって引き起こされる好転反応について

生酵素の摂取によって引き起こされる好転反応について副作用については上記のようなものがありますが、下痢になったり発疹が出たからといって必ずそれが悪い副作用だとは限りません。

副作用の中には体質改善に必要なものもあります。それが「好転反応」です。

生酵素を摂取することで酵素が体にとって良くないものやいらないものを外に出そうとします。直接体外へ排出することはできないので体内を巡って外へと出ていくのですが、この影響で一時的に体調が悪くなることがあります。

毒素が出きってしまえばなくなる一時的なものになるので、そこまで心配することはありません。

好転反応の進む期間は人によって変わってきますが、それぞれ段階があって、その症状の重さや辛さにも個人差があります。

副作用とは異なり体にとって良い反応なのでなんとか我慢するようにしましょう。

好転反応の緩和について

毒素が出ていくための反応だと理解はしていても、できれば体が辛いと感じることなく終わってほしいものですよね。

好転反応の症状を緩和させる方法はいくつかありますが、まずは生酵素の摂取量を規定より少なめから始めてみることがおすすめです。

それによって好転反応も緩やかに起こっていくことになり、体が辛いと感じることは少なくなります。

好転反応か副作用かわからない

好転反応でも副作用と同様の下痢や腹痛、発疹やかゆみなどの症状がみられます。

心配な場合はすぐに医者に行ってみてもらうのが良いですが、見分け方のポイントとしては症状が続いている期間が大切になってきます。

好転反応の期間は人によってかなり差がでますが、1ヶ月以上続く人は少なくなっていますのでその辺りを目処に判断すると良いです。

ただし好転反応があまりに辛い場合は、一時的に中断したり医師に相談したりするようにしましょう。

好転反応の種類

好転反応には大きく4つの段階があり、それぞれ症状も異なります。もし好転反応か副作用かわからない場合は、自分がどの段階なのかを把握しておくことで見分けることも可能です。

・弛緩反応
症状:眠気、だるさ
好転反応の初期段階で、これから変わっていく体が準備を始めたことでとても眠かったり体がだるくなったりします。

・過敏反応
症状:下痢、便秘
毒素などが蓄積され慢性化することで安定している場合、それが変化しようとすることでお腹を下したり便秘になったりします。悪いところから症状が出てくるのでわかりやすいです。

・排泄反応
症状:ニキビ、発疹、尿や便の量が増える
体ががんばっていらないものを体外へと出している時に起こる反応です。ニキビや発疹など肌への影響だけでなく尿や便の量が増えるという特徴があります。

・回復反応
症状:発熱、吐き気、動悸
悪かった部分が改善されたことで血行がよくなり、それに伴う反応として一時的に発熱したり吐き気や動悸がしたりします。好転反応の最後の症状で徐々に収まるので安心して大丈夫です。

生酵素の正しい飲み方と飲む際の注意点

特にダイエット目的で摂取している場合、いつまでに何kg痩せようなどと目標を立てる事が多いため、生酵素をたくさん飲んで効果をあげようと考える人も多いです。

ですが前述の通り、生酵素は過剰に摂取しても効果が多く得られるということはなく、逆に体内のバランスを崩して体調不良に陥りやすくなります。

ですので、一定の量を定期的に飲むことが一番いい摂取方法で、もっとも効果を得やすい飲み方だといえます。過剰に飲んでも効果を得られず、余分な分はそのまま酵素の力で体外へと排出されていくだけですのでとてももったいないです。

また、生酵素を飲む際にはその他にもいくつか注意点があるので、下記を参考に正しい飲み方で摂取するようにしましょう。

一緒に摂取するもの

生酵素は食品の1つで、何と一緒に摂取するかによって酵素の作用の力が変わってきます。特にNGだといわれているのが熱いものです。熱いお茶と一緒に飲んだりするとほとんど効果を得られません。

というのも、酵素は48度以上の熱にふれると壊れてしまうので、熱いものと一緒に摂取することはできません。

また牛乳は酵素の働きを抑制してしまう効果があるので注意しましょう。

生酵素を飲むタイミング

いつ飲むかも重要で、飲むタイミングによっては効果が半減してしまうこともあります。
一番のおすすめは食前に飲むことです。

空腹時に飲むことで生酵素が積極的に消化をサポートしてくれるようになります。ただし中にはこの効果による副作用が辛いと感じる方もいると思います。

そういった方は食後に摂取することで緩和させることも可能です。

生酵素サプリ ランキング

関連記事

酵素を多く含んでいる食品は?

酵素を多く含んでいる食品は?

生酵素ダイエットが他のダイエットよりも効果的と言われる理由とは?

生酵素ダイエットが他のダイエットよりも効果的と言われる理由とは?

「酵素」と「生酵素」の違いとは?

「酵素」と「生酵素」の違いとは?

生酵素サプリはデブ菌の減少にも効果あり?

生酵素サプリはデブ菌の減少にも効果あり?

生酵素サプリが男性にもオススメできる理由

生酵素サプリが男性にもオススメできる理由

生酵素が便秘に効くと言われている理由とは?

生酵素が便秘に効くと言われている理由とは?

生酵素ダイエットを中学生・高校生にオススメしない理由

生酵素ダイエットを中学生・高校生にオススメしない理由

生酵素サプリは飲みすぎると下痢に?よくある症状と改善法

生酵素サプリは飲みすぎると下痢に?よくある症状と改善法

生酵素サプリでアレルギーが改善できる?その理由とは?