「酵素」と「生酵素」の違いとは?

「酵素」と「生酵素」の違いとは?

酵素には、生酵素と加熱された生以外の酵素があることを知っていますか。酵素が加熱されていると、生の酵素の働きに比べて違いがあります。

酵素を選ぶときは、生の酵素を選ぶことがポイントです。酵素はどんな働きをするのか、生の酵素がおすすめの理由などもご紹介します。

酵素の働きとは?生酵素はなにが違うの?

酵素の働きとは?生酵素はなにが違うの?酵素は人間になくてはならないものであり、生きていくために必要なものです。

生きていくために消化や代謝をすることは必要であり、酵素がなければこれらを行うことができません。

酵素とは

食べたものを消化する酵素と、代謝をするための酵素があります。加齢などによって酵素は少なくなっていきます。

すると、食べたものを消化するためにはどうしても酵素を使ってしまうため、代謝に必要な酵素が不足することにつながります。

酵素は消化用と代謝用に分かれているわけではありません。酵素が少なければ消化に使われる分、代謝に必要な酵素が少なくなってしまいます。

酵素が不足すると代謝が下がる

今までと同じ食事内容や同じ運動量なのに、太りやすくなってしまったと感じることはありませんか。太りやすくなったと感じるのは、酵素が足りていないからかもしれません。

酵素不足により代謝が下がることは、基礎代謝の低下につながります。基礎代謝が下がると、いつもと同じ運動や生活強度であっても消費カロリーが少なくなり痩せにくい体に近づいてしまうのです。

また、免疫力の低下や、肌の新陳代謝などにも影響します。

こんな悩みがある方は酵素が不足しているかもしれません。
・太りやすくなった
・運動をしても痩せにくくなった
・肌荒れになりやすい
・体が重い
・風邪をひきやすい
・すっきりしない
・冷えやすいなど

酵素が不足していると、体全体の巡りが滞ってしまいがちになります。体にため込みやすい体質になり、すっきりとした生活ができないこともにもなりかねません。

酵素が足りなくなる原因は加齢だけではなく、生活習慣の乱れなども影響します。偏った食事や脂肪分の摂りすぎなどで消化酵素を使いすぎてしまうと、代謝に使う分の酵素が足りなくなってしまいます。

食べすぎには注意して、バランスのよい食事を摂るようにしましょう。

ストレスも酵素不足の原因です。ストレスのない生活を送ることは難しいですが、少しでも解消できるように趣味やスポーツなどをするようにしてみましょう。

睡眠不足も要注意です。眠りの妨げになる寝る前のスマートフォンなどはやめて、リラックスできる時間を過ごしましょう。

生酵素がおすすめ理由

酵素は生野菜などから摂取することができますが、一度に多くの量を摂取することができません。

酵素サプリやドリンクなどは酵素を摂取しやすいというメリットがありますが、酵素が加熱されている場合、活性を失った酵素になっているかもしれません。

酵素は、熱に弱いという特徴があります。酵素を摂取する場合は、非加熱である生酵素を選ぶことがポイントです。

生酵素で痩せやすい体を目指そう

生酵素で痩せやすい体を目指そう酵素は体内で作られていますが、加齢などによって不足してくるため補うことが必要です。健康の基本は体を作る食事です。

足りない分をサプリなどで補うような感覚で栄養バランスのとれた食事をするように心掛けましょう。

酵素が多く含まれる主な食べ物とは

熱に弱いため、生で食べられるものから多く摂取することができます。

・生野菜
レタス、トマト、セロリ、にんじん、大根など、生野菜には酵素が豊富に含まれています。ビタミンやミネラルも含まれています。

・フルーツ
キウイ、りんご、パイナップルなど、フルーツにも酵素が含まれています。ポリフェノールやビタミンなども含まれているため、健康や美容におすすめです。

大根おろしは、お肉やお魚の消化を助けてくれます。そのため、料理の付け合わせになっていることが多いです。野菜やフルーツは、すりおろすことで酵素が活性化するといわれています。

大根おろしの他、野菜やフルーツをすりおろしてドレッシングにしたり、ジュースにしたりすると、そのまま食べるよりも多くの酵素を摂取することができます。

生野菜やフルーツに多いビタミンやミネラルは、酵素がなければ十分な働きができません。また、酵素もビタミンやミネラルが必要であり、一緒に摂取することで相乗効果を期待できます。

ポリフェノールには抗酸化作用があり、生活習慣病の予防や美容に役立ちます。酵素は新陳代謝にも作用するため、一緒に摂取することでアンチエイジングにも期待ができます。

・発酵食品
みそや納豆、チーズなどにも酵素が多く含まれています。また、発酵食品は腸内環境を整えてくれる頼もしい食品です。

腸内環境のバランスは、体全体はもちろん精神面にも影響するといわれています。腸内環境を整えることで免疫力が上がり病気になりにくくなったり、うつ病の予防にも期待ができます。

また、肌荒れの改善にも腸内環境を整えることがポイントです。

腸内環境のバランスは、太りやすさや痩せやすさにも関係しています。いくら食べても太りにくい人は、腸内環境のバランスがよいといわれています。

悪玉菌が多い人は、腸内環境を整えることで痩せやすい体になることを期待できます。

腸内細菌には善玉菌と悪玉菌の他に、日和見菌というものがあります。日和見菌は善玉菌が多ければ善玉菌のサポートをしますが、悪玉菌が多ければ悪玉菌のほうをサポートしてしまいます。

酵素は腸内環境にも働きかけてくれます。しかし、酵素だけを摂取しても意味がありません。腸内環境を整えるには、乳酸菌も一緒に摂取することがおすすめです。

また、善玉菌のエサになる食物繊維も摂るようにしましょう。

酵素が豊富に含まれている食べ物は、消化や吸収がスムーズであるといわれています。消化酵素の使いすぎを防ぎ、代謝酵素のために酵素を残し節約することにつながります。

せっかく加熱をしていない酵素を摂取しても、消化酵素がたくさん使われる糖分を摂りすぎてはよくありません。また、お酒の飲みすぎにも酵素を消費するため注意しましょう。

生酵素を摂りたい方にオススメの食品>>

生酵素サプリなどを活用しよう

生の野菜やフルーツで酵素を摂取するためには、たくさんの量を食べる必要があります。しかし、十分な量の酵素を食べ物から摂取することは簡単ではありません。

足りない分を補いたい方、忙しくてバランスのよい食事ができない方や生野菜などが苦手な方は、酵素サプリなどで補うことがおすすめです。足りない分を補うことで、酵素不足にならないように気をつけることができます。

酵素を摂取するだけでなく、運動を組み合わせることで消費カロリーのアップが期待できることも忘れてはいけません。痩せにくいと感じている方は、酵素を摂取しながら運動も取り入れることでダイエットに役立てることができます。

いつもの生活をしているだけでも酵素不足のときに比べれば消費カロリーのアップが期待できますが、運動をプラスすることでダイエットに効果的になります。

サプリなどを利用する場合は、乳酸菌や食物繊維、豊富なビタミンやミネラルなどを一緒に摂取できるものもあります。酵素は他の栄養素と摂取することで、相乗効果を期待できます。

自分に合う酵素サプリを選びましょう。

酵素と生酵素は似て非なるもの

生酵素サプリなどを活用しよう大事なポイントは非加熱であることです。生野菜やフルーツの摂取、生酵素サプリなどを活用して生きた酵素が摂れるようにしましょう。

生酵素は体内の巡りに働きかけ、ため込みにくいすっきりとした体を目指すことができます。健康維持やダイエット、美容効果などに期待ができます。

生酵素サプリ ランキング

関連記事

酵素を多く含んでいる食品は?

酵素を多く含んでいる食品は?

生酵素ドリンクの作り方|簡単に作れるオススメのメニュー

生酵素ドリンクの作り方|簡単に作れるオススメのメニュー

酵素ドリンクと酵素サプリの違いとは?メリットとデメリットを詳しく解説

酵素ドリンクと酵素サプリの違いとは?メリットとデメリットを詳しく解説

生酵素が便秘に効くと言われている理由とは?

生酵素が便秘に効くと言われている理由とは?

生酵素の過剰摂取によって考えられる危険性

生酵素の過剰摂取によって考えられる危険性